痛みと共に.....。

 

こんにちは 浜松市 中区 理容室 床屋

ヘアーサロン ふくざわ  オーナー まこと です。

 

残念ながら今回のW杯の私の優勝予想チームは敗退してしまいました。

しかし、自分の予想などもはや問題ではなく、むしろこの敗戦を

ブラジル国民はどのようにして受け入れるのか? 悲劇とも言えるこの

試合内容を....。

 

78da6b24387223c995e72e5b164e21ad

 

私自身の感想ですが、試合前からブラジルはどこか怯えたような、それでいて必死

に自分達を鼓舞しているようにさえ見えました。ネイマール、チアゴシウバが

いない。しかも相手はドイツ。逃げ出したくなる気持ちを抑えているかの様にさえ

.....。少しでも失点が遅くなればよかったのですが、ドイツからしたら

怯えた相手を蹂躙することなどたやすいこと。後半途中からは自分も観るのが辛く

なりました。

 

今大会のブラジルには安定した強さは正直なとこ見る事ができず、ネイマールの

個人技、チアゴシウバの守備力、展開力に頼りすぎだったのかもしれません。

近年のサッカーはスペースの潰し合いです。あの体格と運動量、テクニックを持つ

ドイツのショートカウンターは最強でしたね。これを機にブラジルも組織力重視に

変わっていかないと、ちょっとでも歯車が狂ったり、一人の選手がいないだけで

このような悲劇的な結果を迎えてしまう様な気がします。

 

それでも自分としては、勝利至上主義ではつまらないですし、スペインのポゼッシ

ョンサッカー、ドイツのショートカウンター、ブラジルの個人技などその国独自の

スタイルを追求し、そのうえで相手に勝利することにこそ価値があると考えます。

 

ブラジル国民の心の傷が少しでも癒える様に3位決定戦は必ず

勝利してもらいたいですね。

 

f6a43a4a1495385672d27c5dcd8689c5 a8ea40fe-s

 

 

そして、明日の明け方は アルゼンチン 対 オランダ です。

メッシは健在ですが、前線のタレントはオランダ有利。

加えて中盤のカイトがかなり効いてるのです、これが。

アルゼンチンとしては、とにかく中盤でプレッシャーを掛けて

ボールを取ったらメッシにパス。これしかないでしょうね。

 

もし、アルゼンチンが敗れるようであれば、W杯において開催大陸以外の

大陸国にチャンピオンが誕生することが決定します。

(  日韓、南アフリカを除く  )

 

これもサッカー界の新しい流れなのかもしれませんね。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA