歓喜の瞬間....

 

こんにちは 浜松市 中区 理容室 床屋

ヘアーサロン ふくざわ オーナー マコト です。

 

今日の明け方、一ヶ月の長い戦いの果てに、ついに2014  FIFA

WORLDCUP   ブラジル大会の チャンピオンが決まりました。

 

 

finalap008-w500

 

 

  おめでとう GERMANY !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

全試合を通して安定的な試合運びを見せ、6大会ぶりの載冠です。

何と言っても失点が無いのが評価できますね。

決勝戦も、もちろん早起きして観ましたよ。正直、心の中ではアルゼンチンを応援してたので立ち上がりのペースを握ってる間に先取点を取ってもらいたかった.....。

注目のメッシも、いつになく走ってましたから、前半は...。

いやー、ほんとチャンスはあったんですけどねー。シュートの精度を欠きましたね。ディマリアがいればなー...。たらればですが。

そしてドイツは、やはりドイツなんだなーと改めておもい知らされた試合でした。

大会前のブログに書いたように各ポジションにバランス良く選手がいて、交代選手もそつなくこなし、チーム力が落ちないんですよ。シュバインシュタイガーもベテランの味が出てきて身体を張ったプレーで貢献しましたね。最終ラインはスピードに難アリだと思っていた自分が恥ずかしいです。フンメルス、メルトザッカー、ボアテング、いっすわー、同じチームメイトってのがいいんですかねー?

まー、とにかく今大会のドイツは優勝にふさわしいチームであることは議論の余地もございません。参りました。

それに引き換え、ブラジル、アルゼンチンは今後が心配になる大会でしたね。

個人技やスーパーなドリブラーがいても、ドイツの前では勝てないのが分かってしまいました。ネイマール、メッシよりも組織力が重視される今後のサッカー界。

南米の大国も重要な分岐点にさしかかりましたね。四年後はロシア大会。

今大会よりも当然涼しく時差も無くヨーロッパ勢には俄然有利。

楽しみですね。

そして、我が日本代表にも同じ事が言えます。新監督のもと新しい形を作るのか。

それともゼロから作るのか。来年すぐのアジアカップが待ち遠しいです。

一ヶ月の長い長いサッカーブログも一区切りとします。なんだか取り留めの無い

事を適当に書いてしまいましたが、自分的には、やりきった感でいっぱいです。

お付き合いありがとうございました。     四年後に続く........。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA